So-net無料ブログ作成
検索選択

スキレット [燻製・ダッチオーブン]

今日はネタがあまりないので、アクセスのがっつり下がるお道具解説。

家にはスキレットという主に鋳物のフライパンがある。12インチなのですごく重い。蓋まで入れると、ちょっとしたダッチオーブンより重いかも知れない。

でも、実はこれ結構おすすめ。ステーキを家庭用の薄いフライパンで焼くとどんなに熱してから使っても肉を載せると一気に冷めてしまい、肉汁を一気に閉じ込めることができない。でも、鋳物製スキレットなら本体の厚みのおかげで蓄熱性が高く、肉を載せてもさほど冷えない。温度ムラも少ないので餃子等にありがちなフライパン中心付近だけ焦げるといったことも軽減してくれる。(もちろんコンロを使用する以上、加熱に工夫は必要だが)こんなに便利な道具であるが、もう一つ使い方がある。それがオーブンとしての利用。ダッチオーブンでピザやチーズケーキを焼く場合、上火が深さのせいで遠くなりとても焼きにくい。そういう場合でもスキレットに蓋を載せて炭をおけば簡単になる。キャンプダッチの特徴であるフランジ付の蓋を載せる場合、ぴったりは合わないが圧力を必要としない料理なら問題ない。スキレット用の蓋を使うときだって炭が転がらないように工夫すれば大丈夫。

ただし、欠点もあります。使い込んで油が馴染むまで餃子はくっつきやすいし、ダッチオーブン同様メンテナンスも必要。取っ手まで鋳物なので火傷にも注意が必要。それでも十分魅力的な道具です。ぜひぜひ購入を考えてみては。

←Lodge 12inch スキレット(左:購入時の色、右:シーズニング後の色)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。