So-net無料ブログ作成
検索選択

赤岳(大雪山系)登山 ■下り■ [アウトドア]

頂上でカップ麺を食べようとザックから出してみると・・・・

DSC_7730.jpg

今にも破裂しそうなくらいパンパンになっていた。
登る前に沸かして小型の水筒に入れておいたお湯を入れて食べ、
さて。これから小泉岳経由で緑岳へ~と思ったら目の前に雲が迫ってきた。
これであきらめることに。(この後この選択が大正解に)

9時半。頂上を出発。
登りでつらかったガレ場の急登が、帰り工程の1/4下りになるんだけど、
これが予想以上につらい。大きな石を上下に歩くとしんどいので上ばかりを大股で
歩くんだけど、相手は自然物。円かったりぐらついたり・・・・怖い。
途中膝が笑い出し、そのまま膝からストンと転んでしまった。
普通なら大ケガでしょうけど、ここだけ枯れ草が積もったようになっている場所で
助かりました。危なかった・・・・。(危ないのでまた写真を撮りながらゆっくり歩くことに)

tunagi5.jpg
<下りは紅葉を見ながらのんびりと>

そしたら今度は、突然の腹痛。脂汗を流しながらもう必死。
気軽にトイレへ行ける場所はないので、つらかった。
(緑岳へ行ってたら大変なことになってたかも)
次回は携帯トイレ持って行こうかなぁ。(その前に体調を考えるべきか)
ガレ場を何とか下りきりコマクサ平についたのは1時間13分後の10時43分。
これより先は、紅葉を見にコマクサ平を終点とするハイキング客が多く、
さらに道が狭いところが多いので思うように前へ進めない。
まぁ休めるからいいや~とのんびり下り、第1花苑へついたのが37分後の11時20分。
時折日が差したので、撮影ポイントで待ち構えたりもしたけど、
なかなかそういう時って晴れなくて残念。

タカネトウウチソウ.jpg
<第1花苑周辺にあった高山植物:タカネトウウチソウ(たぶん)>

あきらめて18分後の11時38分登山口に到着。
管理事務所に帰りの時刻を記入したのは7分後の11時45分でした。

DSC_7756.jpg
帽子は汗ですごいことに。たぶん半分は例の脂汗>

12時ちょうどに車で出発。
行きでもつらかったが銀泉台⇔国道までの間の砂利道は怖いです。
厚みがあるので滑るしハンドル取られまくり。
さらに距離が14.3km(時間は20分くらい)あります。
国道に出るとまだ紅葉渋滞前なので流れもよく、無料高規格道路を走ったので、
自宅に着いたのが1時間40分後。(距離100kmくらい)


・今回の山行で要した時間(休憩含む)。
  登り:2時間58分 / 下り:2時間15分 (頂上休憩は除く)

・登り区間タイム(休憩含む)
  銀泉台→登山口→第1花苑→コマクサ平→頂上
  0分→11分→24分→41分→1時間42分

・下り区間タイム(休憩含む)
  頂上→コマクサ平→第1花苑→登山口→銀泉台
  0分→1時間13分→37分→18分→7分

・給水量 2リットル(ハイドレーション使用)

・食事類
  登山前:サンドイッチ、ミニカップ麺
  登り行動食:おにぎり1、C'sケース
  山頂:おにぎり1、ミニカップ麺
  下り行動食:C'sケース

2008.09.06赤岳のコピー.jpg
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 2

zanki

気圧低いんですね、ってかカップ麺の密閉って
結構ちゃんとしてるってことですね。
by zanki (2008-09-12 00:54) 

みおのとおちゃん

>zankiさん
あ、言われてみると・・・。そういうことですね。
内圧が高くなっても接着面がおかしくならず、密閉度も高く・・・・。
by みおのとおちゃん (2008-09-12 21:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。